会社における健康診断の在り方

守るイメージ

SHARE

会社における健康診断の在り方

【社員の健康を守ることは、会社を守る事でもある】

日々、快適に仕事をしていくためには、健康でいることが絶対条件となります。会社において、社員の健康管理は、非常に重大な項目であり、業績を大きく左右するものです。

そのため、福利厚生を司る部署においては、産業医との連携のもと、日々の対策は当然として、年1回の健康診断に力を注いでいるのが現状です。会社における健康診断については、労働安全衛生規則第44条に定められているところですが、その項目については、医師の判断によって追加することが可能になっています。

そこで、会社の福利厚生の担当者は医師と相談して、自社の実態に合致した項目を取り入れるなどして、社員の健康維持に努めているのです。

【病院によっては健康診断をとても重要視している】

 

大小様々な規模の会社がありますが、どの会社においても健康診断を実施しています。中小規模の会社であれば、会社が契約している病院に行って受験しますし、大規模な会社であれば、社内で実施する場合もあり、会社の健康診断を専門的に扱っている病院もあるほどです。

【企業は今まで以上に健康管理を徹底していくでしょう】

 

企業イメージ

 

ここのところ、長時間労働による弊害が指摘されていますが、今後、政府は「働き方改革」を取りまとめ、今まで以上に社員の健康管理を徹底するよう、企業を指導していくことが予想されています。

そういった状況下において、健康診断は極めて基本的な手段として、今後も業種によって様々な工夫を加えながら、確実に実施していかなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です